ゆっくりできるほぐしサロン、やってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
沖縄に行ってきました!
クヨ~ナ~ラ!沖縄県の八重山に行ってきました!

鳩間

強烈な日差しにさらされ、キレイな海に浸り、たくさん浄化してもらってきました。

沖縄旅行記はこちら→まなひなNZ


今回、ANAにお世話になったのですが、行きの便に乗り合わせた客室添乗員のお姉さんが、本当にきれいな笑顔の方でした。笑顔の向く方向に、キラキラとマナが降り注いでいるようでした☆離陸時、その方と向かい合わせに座る形になり、しばらく見詰め合うような感じにだったのですが・・

こんな風に笑える、マナを振りまける人になれたらな~~とぼんやり思っていると、「笑えばいい、与えればいい」とメッセージが聞こえたような気がしました。え?でも、どうすれば?と乗務員さんに目で問いかけると、「自分でそうなるって決めればいい、選択すればいいだけ!」と更にメッセージが・・。

あ、そっか~~~。

"私じゃそんな風になれない"って、また自分で限界を決めるところだった!人間、どんな人にも、ただなろうと思うだけでなれるし、変わらないでいることを選ぶことも出来る。全ては自分の選択次第!過去の自分の思い通りにならないと思っていた事象さえも、全部自分の選択によるものだった、ということにも同時に気づいたのですが、何より「なりたいように、いつだってなれる、変わっていける」というメッセージが嬉しくて、飛行機の中なのに涙が止まらなくなってしまいました。

ANAのお姉さんは、きっと変に思ったでしょうね。私はばつが悪いので、泣きながらハンカチを顔に乗せて寝たふりをしていました(笑)。


このメッセージのおかげで、自分で自分にまだまだ制限をかけていたことにも気づきました。自分の限界は自分が作った幻想である・・フナの教えにも、マナカードにもありますよね。すべては自分の選択しだい!限界を外していきましょう~~♪
スポンサーサイト
page top
すべては絶妙のタイミングで

偶然のもたらすラッキーって楽しい。

偶然っていうのはなくて、すべては必然なのだとしたら、ラッキーなこと以外にも全部意味があるはずだけど、とりあえず、ラッキーな必然というのは楽しい。

花をもらった。でも花瓶がない。せっかくなのにと思っていたら、ちょうど花瓶の贈り物が届いた。なんてラッキー♪

臨時出費があった。憂鬱になって請求書の封を開けずに見ない振りをしていた。臨時収入があった。とうとう請求書の封を開けたら、臨時収入とぴったり同じ金額だった。必然を感じさせる偶然の一致。

渋滞に巻き込まれた。レストランの予約に遅れてキャンセルになった。そこを諦めたら、ぴったりの人数座れる素敵なレストランを見つけた。これもラッキー。


世界は、なんて絶妙なタイミングで動いているんだろうと思う。


いつもすぐに結果としてその意味が分かりやすく見える場合ばかりじゃないけれど、こういう偶然を偶然で終わらせずに見ることで、多少時間のかかる「その事象の意味」も見えてきやすくなる。一見ネガティブなことも、恐れずに受け止められるようになってくる。

世界は、宇宙は、いつも絶妙に、わたし(あなた)のために計られている。恐れることは何もない。失う心配はしなくていい。失うときには、それが必要ないものだという世界観に変わっている。わたし(あなた)は笑って手放せる。

そうだ。恐れも心配も必要ない。


page top
怪我と怒りと感謝のその先
マナセラピーの師匠に、フナコレクティオ(マナコレクティオの前身)を受けてから、怪我の治りが早くなった。冷え性も治ったっぽいし、治癒力が高まったんかなーと漠然と思っていた。最近怪我をしたマナ友達が、しばらく仕事を休まなくてはいけなかったけど、その間に普段取れなかった時間を持ったりかえってよかったと、聞いて、ふと思った。

痛くて辛くて、誰かのせいにしたくなったり自分を責めたり後悔したり、出来なくなったことに腹を立てるのではなく、そのおかげで出来るようになったことに目を向ける。おかげさまでこんな良い事があったと感謝する。そのための怪我だったのだと知る。これって、世界観を変えるというやつだ。

怪我した事実は変わらない。皮膚は割れ、痛みもある。ただ、その捉え方を変えると、その後が変わってくるのではないだろうか。

怒りやストレスは赤血球の形をも変え、血行は滞る。免疫力も落ちてくる。でも怪我を前向きに捉えることによって怪我自体のストレスが減り、免疫力も向上する。新陳代謝も活発になって皮膚の再生も早くなるのではないかと思う。前出のマナ友達の怪我の治りも異様に早かったそう。


怪我した事実は変わらない。世界観を変える。それで気持ちは楽だし怪我の治りも早いなんて、すごいラッキーやん。

あぁそういえば、スピリチュアルな考え方に親しむようになって、偶然っていうのはなくてすべては必然だ、と思うようになってきていたから、ぶつかった壁や包丁の使い方を誤った自分を責めて悔いたりはしてなかったなぁ。それが良かったんだ。

ちょっと前の自分だったら、自分や誰かに腹を立てて怒り狂って、怪我したのに感謝なんか出来へん!と言っていただろうな。感謝したりしたら損だと思っていた。実際はぜーんぜん、逆だった!


その頃からしたら、ずいぶん楽に生きられるようになってきた。でもきっともっと先がある。もっと楽になれるはず。焦らずその先を探していこう。
© 日本とNZ行ったり来たり. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。