ゆっくりできるほぐしサロン、やってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ワイタケレ・シティーウォーク
日本からの友達を連れて、ワイタケレレンジに行ってきました。ワイタケレはオークランドの4つのシティのうちのひとつで、西海岸に面した大きな森を含む地域。ダウンタウンから30分~1時間で行けるたくさんのウォーキングコースがあり、日帰りで遊びに行くにはもってこいの場所です。

シティウォーク

お天気はいいし、真夏ほど暑くないし、最高のウォーキング日和442~3時間ほど歩こうと、100コース以上ある中から、シティーウォークというコースをチョイス。前にお散歩クラブで行ったことのある、吊り橋あり、川渡りあり、アップダウンあり、ぬかるみ327あり、となかなか楽しめるコースで、誰かを一箇所だけ案内するならここにしよう!と思っていたところなのです。

森

森の雰囲気はこないだ行った南島とはまるで違う。大きなシダやニカウの木があるからか、やっぱり熱帯雨林な感じが漂います。

カウリ

このカウリの木があるのも北島の特徴。シティーウォーク自体は1時間くらいの軽いコースだけど、アッパーカウリトラックという隣のコースまでちょっと頑張れば、樹齢数百年から千年くらいじゃないの?と思うような大木にたくさん会えます。今は、皮向けの季節?落ちた枝や木の皮がいっぱいありました。(カウリは下の枝を落としながら成長する特性があるのです)

ダム

シティーウォーク~アッパーカウリトラック~カスケードトラックと進み、分岐点でフェンスライントラックに入って15分でワイタケレダムに到着。いくつかあるこの地区のダムはオークランドの大事な水源☆夏の間、雨が少ないせいか、水位がずいぶん下がってました。冬の間にちゃんと戻りますように。雨や湿気は嫌なときもあるけど、森のためにも人間にもやっぱり必要だもんね。

ダムへの分岐はループじゃなくて同じ道。元のカスケードトラックに戻ったらあとは1時間ほど。再びシティーウォークに戻ってフィニッシュ。秋晴れ、さわやかな風、夏より鮮やかな緑、と存分にブッシュウォークを楽しめました344

今回の行程で3時間。コース選択によっては1時間~5、6時間と調節できます。お昼にルックアウト(展望ポイント)にあるベンチで座っておにぎりもいいけど・・今回は、別のミッションがあったので、午後1時半までがんばって昼抜き、チョコレートのみで歩きました2そのミッションとは・・ワイタケレ随一のビューを誇る、その名もエレベーションというカフェに行くことだったのです。以下、次回に。
スポンサーサイト
page top
リピート食材♪
オークランドに来てはや二ヶ月。食材の買い物のパターンも出来てきた。当てずっぽうに選んで食べてみて失敗することの方が多いけど、ぽちぽち大ヒットでリピートする商品も出てきた。まだまだ試していない食材も多いけど、少なくとも現時点で、絶対これはお薦め!と思える食材をピックアップしてみる。

お米。これはパキスタン産のバスマティライス。インディカ米の香り豊かなお米で、タイ米のジャスミンライスとは全く違う品種だそう。特にこのブランドの米は、糠っぽくなくてつやつや光ってとっても綺麗だ。洗う必要全くなし。洗っても水が濁らない。なので炒めてから炊くライス料理(リゾットのようなもっとぱらっとしたフライパンで作る炊き込みご飯。パエリアみたいなの)には最適。ていうか、最強。インド人は「バスマティ」と聞くと皆、目を細めて口元を緩めて嬉しそうな顔で「美味しいよね・・」と言うらしい。タイ米嫌いな方でもきっと大丈夫。炊いている間に漂ってくるのは香ばしいような、ポップコーンにも似たかぐわしい香りのみ。あぁ食べたくなってくる。炒めご飯でパクチー散らしてハフハフ食べたい!そうそう冷めても香りが消えないというのもこの米の特徴らしい。NZではセールになってて1キロ2.5ドル、約200円。普通の安い白米は1.8ドルくらいだからちょっと高いだけ。是非お試しあれ。日本では安いところで5キロ2750円、高いのは1キロ1050円。うわ!

こちらはパーボイルド米。タイ米で、籾ごと一端蒸してから乾燥させて精米してあるという手の込んだお米。これも糠っぽくなくて、やや黄みがかった半透明。見た目ちょっとアルファ米に似ている。でもその内容はアルファ米とは全然違ったようだ。炊飯中の匂いはかなりきつく、タイ米!って感じ。ただ匂いは、出来上がったら意外とそうでもなかった。ぷちぷちした歯ごたえがいつまでも残って不思議な食べ応え。食べ進むうちに疲れてきた。なんというか、一粒一粒がナッツのようにしっかりぷちぷちしていて、飲み込んだらそのまま出て来そうな(すみません)勢いの硬さがある。これを炊き込みにしたのが失敗だった。この歯ごたえ、これはライスサラダ向き!ナッツのような、固めのアルデンテのパスタのような、リッチな風味と食べ応えが美味しい。一度茹でこぼしてさらっと炊き上げて、野菜や豆と一緒にドレッシングで和えれば出来上がり。ドレッシングを吸ってもぷちぷちのまま。これもセールで1キロ2.5ドル。

スパゲティ。これはオーストラリアのメーカーのSAN REMOの細めん。茹で時間は6分の表示がある。オークランドで売っているこれ以外のパスタは、はっきりいってだめだめ。腰が弱い。太いのばっかり。ニュージーランダーは、缶詰のスパゲティ(私らが給食で食べたような@昭和40年代生まれ)をヤミーと言って食べる人たちなので、太くて腰が無くていいのだ。このパスタだけは、アルデンテの好きな日本人にもお薦め出来る。6分の表示のところを、是非5分20秒で茹で上げて、30秒でソースと合わせ盛り付け、10秒でフォークを持って、食していただきたい。日本で買えるスパゲティの味は正直もう忘れてしまったので、、比べてどうかは覚えてないけど、NZのパスタげろマズと思ってる人がいたらこれを是非。値段は他よりちょっと高くて500g2.5ドルくらい。売ってるお店が少ないのが難。

ブログランキングに参加中です。応援クリックありがとうございます!
page top
オールブラックスなラジオ
ラグビーと、世界最強のラグビーチームであるオールブラックスを愛するニュージーランダー。老いも若きも皆オールブラックスファンなので、景品にもよくオールブラックス関係が登場している。<ニュージーランド・ドッグトレーナーをめざす実録・・・>のRyoさんによると、コカコーラ社ではコカコーラ飲んでオールブラックス観戦ツアーに行こう!とかやってるらしい。Emmaちゃんもせっせと普段飲まないコーラを飲んでいるらしい。

私はというと、ラグビーにはうといけどせっせと食べたものがある。というかまだいっぱい残ってる。コレ。weet-bix。これはラジオパックと銘打ってキャンペーンしていたもので、抽選で当たる観戦ツアーの他になんと、ラジオがおまけに付いている!ラジオは三種類あって、丸いの、フック型、ペン型。全部欲しくて頑張って食べたけど、やっとこさ二箱目の半分食べたところで敢え無くキャンペーン終了ー。もうどこにも売っていない。ていうか、もう食べられない。しばらく見たくない。

私はこのサナトリウムという会社の製品が好きだ。社員は全員ベジタリアンだとか、チャーチの工場がガーデンコンテストで優勝したとか聞いているので、なんとなくイメージがいい。だからベジマイトよりマーマイトだし同じweet-bixでもHi-Branならまだホールグレインの噛み応えとかココナツフレーバーとかでお菓子っぽく食べられるから、おやつ代わりに時々買っていた。だけど。だけど、このシンプルなweet-bixは。

飽きた・・と思った瞬間から、唾液が出なくなってしまった。口に入れたとたん、一瞬で口の中の水分を全部奪われ、上あごにシリアルの破片が張り付いてしまう。たまらずコーヒーで流し込む。シリアルの食べ方として間違っているのは分かっている。でも、私は朝食を食べないし、そもそも乳糖不耐性につき、牛乳が飲めない。なのでミルクに浸してシリアルを食べるということが出来ない。あくまでおやつなweetbix。

それでも、最初は昼食代わりにしたりして頑張った。だけど一箱食べ終えたころ、急に飽きが・・。そして三箱目の前に、ラジオパックが店頭からすっかり姿を消していまったことに気がつくと、もう全く食べられなくなってしまった。で、手元に残ったのはこの二個のラジオとweet-bix35個、約500g。このフック型の方は、音量調節もついていてなかなかいい。たった3ドルほどの値段の差なら良いおまけだと思う。上の丸型はこれより二周り小さくてオールブラックスのロゴが恰好いい。NZではシンプルな生活を心がけようと思っているのに、なんでこういうものが欲しくなっちゃうんだろう。しかもオールブラックスファンてわけでもないのにね?反省。

ブログランキングに参加中です。応援クリックありがとうございます!
© 日本とNZ行ったり来たり. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。