ゆっくりできるほぐしサロン、やってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
誕生日に想う
10月24日は誕生日でした。
メッセージ下さった皆さん、ありがとうございました~☆


41歳になったわけだけど、正直、自分が何歳かってことはもうあまり気にならない。年齢って、その人が何年前に生まれたかって言う記号に過ぎないと思う。

気になるのは体力や記憶力の衰えであって、年齢を表す数字自体に意味があるわけじゃないんだよね。問題は実年齢じゃなくて肌年齢や骨年齢。そう言っちゃうと、また誰か(平均値や標準値)と比べてしまうことになるからちょっと違うけど、要は「普通はどう」ってことじゃなくて、自分がどうありたいか、ってこと。


気にするべきはその理想と現実のギャップ。

今の私はやりたいこと・ありたい状態に対して筋力・体力が無さ過ぎ。気が上にのぼりがちで地に足がついていない感じ。柔軟性がない。でも丹田が弱くて軸がしっかりしていないからふらふら。考えることに一貫性がなくて人の影響を良くも悪くも受けやすい。

だめだめ、こんなんじゃ。
ちょっとやそっとじゃ揺るがない自分の軸を確立したい。


今後のテーマは強くしなやかに☆

まずは丹田を鍛えて、心身の健康を目指すのだ!
というわけで、誕生日の少し前から体操を日課にしている。
コレが・・・かなりきつい!

しかし、続けて効果が出てくれば体形も体調も見違えるようになる、はず・・・。がんばろう~。

一週間ほど経った今、全身筋肉痛ばかりで大した効果は??だけど・・甲に怪我して以来力が入らなかった左足の握力が戻ってきてることにさっき気が付いて大喜び♪小さい変化だけど嬉しい~~☆
スポンサーサイト
page top
みっこちゃんとみっこおばちゃん
姪のいる実家に遊びに行ったときのこと。

みっこちゃんが来る!と喜ぶ姪に母がみっこちゃんじゃなくてみっこおばちゃんでしょ、と諭したという。なんて余計なことを、、!

しかし、上の姪はもう幼稚園。おばあちゃん(母)の前ではみっこおばちゃん、私にはみっこちゃんと使い分ける。賢い!

彼女は私が父親の妹でありつまりは叔母であると知った上で、叔母さんではなく愛称で呼んでくれるのだ。なんで矯正?する必要があろうか。

おばちゃんと呼ばれる立場、年齢が嫌なわけではなく(いや、嫌だけど)私たちのこの距離感を邪魔しないでって感じ。
おばあちゃんの妨害に屈せずこの関係を温めていきたいと思うのであった。
page top
こんなに大きいのは初めて・・
外国人男性は初めてではなかったんです。
あああ、でも、こんなに大きいのは初めて・・

エロい話ではなく、仕事の話。昨日のクライアントさん。


日本から持ってきた発泡スチロールのフットバスの底面に足がつっかえてる!世界に誇れる素晴らしいグッズだと思っていたのに、大きさは世界に通用しなかった。ショック・・!


いつものように、ぐいぐいされるのとソフトなのとどっちが好き?と聞くと遠慮がちに「強いのがいい」と答える巨大クライアントさん。うむー、やっぱりか!


私が使ってるマッサージテーブルは東京も大阪もNZも同じやつでアースライト社のスピリット。けっこういいグレードのやつです。

というのも、このグレードしか32インチ幅までないので(一般的なのは28インチ~29インチ)、幅に余裕があってクライアントさんがゆったり横になれるのを重視したい私には選択の余地もなかったのだけど、いやはや甘かった。

クライアントさんの肩幅だけで32インチくらいあるんですけど・・(汗

そびえ立つ山のような背中をマッサージするのに私がテーブルに上ると合計200キロ超。耐荷重量235キロってことだったけど、ほんとにビクともしなかった。ってことは体重180キロくらいまでの人ならテーブル自体は大丈夫ってことですね(笑)。


足の裏はざらめせんべいのようにごつごつしてて触るのも痛い!足裏用のクリームべと付けで頑張りました。でも、こんなに分厚くてもちゃんと表から肝臓の反射も脾臓の反射も分かるのにちょっと感動。


いつも、かかとにあるツボをぎゅーーっと挟んで刺激するとドサーっと何かが抜けていく感覚があって、実際、足の裏のかかと部分から数センチのところまでその何かが物理的に立ち上っているのも感じることが出来ます。

で、このざらめ足の人のかかとは大きすぎて挟めない!

侍ジャイアンツの番場蛮が分身魔球を投げるときにボールを握りつぶしたくらいの握力がないとこの足のツボをぎゅーーっとすることは出来ない!

どうしよ?とツボに指を当てたまましばし思考・・


ん?でもなんか踵から出ているような?もや~~っと・・

ふと思いついて、力を入れずにマナを増幅するイメージでやってみた。
当てた指のそれぞれから「気」が出て、中でぶつかってスパークするようなイメージとでも思ってください。

そうしたら、うわ~~出た出た。ものすごい濃い何かがかかとから10センチくらいのところまでもやもや出てる。

な~~んだ、ぎゅーーっとしなくてもいいんじゃん♪と気づき、そこからの施術は力を必要以上に力を入れずに済みました。

ツボを刺激するとされるほうも気持ちいいし、意識しなくてもマナがそこに集中するから私も楽なんだけども。ついついぎゅうぎゅうしてキク~~と言われるのだけがいいことだと思い違いしがちなので気をつけないとね。


内臓マニュピレーションの先生が皮膚感覚に距離感を持たせることが出来ると言っていた(皮膚に当てた手で手前の内臓、奥の内臓の動きのベクトルをそれぞれを感じ、しかも整えることが出来るという手技)のを思い出した。ちなみにこれは科学的な人間本来の能力で、超能力でも魔法でもないってことなんだけど、マナを使うことと共通点が多くて面白いです。

いつか無意識に出来るようになるのかも知れないけど、意識すると全く使えなくなった時期を経て、今は意識したほうがより効果的にマナを使える段階な気が。力を込めるときもそうじゃないときも、マナのベクトルを意識してやってみよう。


終わった後、恍惚とした表情でラブリー、ビューティフル、エナジーの入ってくる瞬間がものすごく気持ちいい、といってくれていたので、私も満足。よかったよかった。
page top
テヘンガビーチ
昨日のオークランドは久しぶりのどしゃぶり!
ワイパーが利かない(汗)。

土日、どっちか晴れたらハイキング♪と先週から言ってたんだけど
土曜の朝、微妙な天気の中決行して本当によかった(^^;


オークランドから1時間くらい北西に行ってきた。

ウェストオークランドのビーチは黒っぽい砂が多いらしい。でっかい砂丘の向こうにビーチがあるってことだったんだけど、あまりの暑さと白くない砂に、日陰のない砂丘を越える気がどうしても起きず、木陰を求めて小さい山のウォーキングコースを行くことに。

すぐそこにビーチがあるのに行かずに帰るのもどうよ?後悔するかなぁ?などと言いつつ、ランチスポットを求めて山を登る。森っていうほど木も生い茂ってないけど、さすがに空気が涼しくて気持ちいい。

中腹まで登ったら、あらら、見えた!砂丘の向こうの海~~♪

なるほどこういう構図かー、とやっと分かる。
やっぱりかなり遠かった・・。
元気な子供たち、若者がサーフボードを持って砂丘をビーチに向かうのが見える。まだ日本でいうと3月の末の気候のはずなんだけど、海ではがんがんに泳ぐ姿も。

頂上を目指してもう少し先に進むと、あれ?何故か下ってる・・?
そして海の見えるいい感じの場所でランチ。おにぎり。

なんか、その場所から海まですぐ近く。歩いて行けそう。っていうか、草の寝た道もあるやん!ってことで斜面を転げ落ちるようにビーチへ!



どどーーん!

遠浅だけどけっこう強い波。サーファーが乗ってる乗ってる。

いそいそと靴を脱いで黒い砂を踏むと。

アヅイ!!!

水虫菌も死滅する(患ってませんが)勢いの熱さ。白い砂より熱い?その後の波打ち際の気持ちよかったこと(笑)。
さすがにKiwiやマオリのように泳げはしないけど(繰り返しますが、まだ9月です。日本でいう3月)めくり上げたジーパンが波で濡れるのも気にせずまだまだ冷たい海の感触を楽しんだ~。


すっかり目的を果たしたような気分になり、山頂まで行かずにその後そのまま下山。結果的にビーチへのショートカットコースになったらしい(笑)。


チャーチへ行っちゃうNorikoちゃんとの思い出作りになったわ。お付き合いいただいてありがとう(^^)。
© 日本とNZ行ったり来たり. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。