ゆっくりできるほぐしサロン、やってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
沖縄旅行、西表島(1)
昨日から八重山諸島の西表島にいます。
小さい字は覚書です。興味のある方は目を凝らして読んでくださいね☆
大阪の自宅を朝8時半に出発、関西空港から那覇へ、那覇で乗り継いで石垣島へ着いたのが13時半頃。バスで桟橋まで移動し(たしか200円)、ちょっと買い物をしたり食事をしたりして、15時半の船(八重山観光フェリー所要時間40分、2000円)で西表(イリオモテ)島へ。

昨日は星砂の浜で軽~くシュノーケリング。浅瀬にルリスズメや黄色い魚がいっぱいいて感激☆しかし、ショックなことが・・この時、愛用のデジカメを壊してしまい、写真がありません。。

そして今日は、朝から神様の座る場所という意味のカンピレーの滝に行ってきました。船で川をのぼり、ジャングルに入ったところにあります。これはツアーでなくとも大丈夫!1500円の遊覧船代だけで見に行くことが出来ます。

カンピレーの滝出発地

ここが出発地の浦内川の遊覧船乗り場。ここまではお宿の方に送っていただけました。感謝☆ここから30分ほど、船で(この写真のボートではなく・・もうちょっと大きい遊覧船です。ちゃんと屋根もあります(笑))マングローブを見ながら中流の方へ上っていきます。マングローブの眺めは、携帯カメラでは全部ボケてしまいました(;;)。

船着場から、いよいよ西表島の原生林に入っていきます。ブッシュウォークで涼しいか?と思いきや、木で遮られて風が通らず、余計に暑いかも・・!オークランドよりもっと南国調の植物の中、シダの新芽、コルを発見!

コル

沖縄にも四季はありますが、冬でも葉を落とさない植物ばかりだそうです。シダの種類もNZとはちょっと違ってます。よく整備された歩きやすい道をずんずん進んでいきます。やや上りですがきつくはないです。ただ暑い・・。

と、鮮やかな青いもの発見!

イジガキトカゲ

イジガキトカゲという、トカゲです。トカゲって、葉っぱや枯れ枝のような色をしている場合が多いですが、この青さ!こんなに目立っちゃっていいのでしょうか(笑)。

板根

これは、板根といって根っこが板状になってます。オキナワウラジロガシという木で、どんぐりがでっかいことでも有名らしいです。

そしてスタートから40分ほどで見えてきました、このコースの最初の見せ場「マリュドゥの滝」です!

マリドゥの滝

落差4mながら幅20m、何より直径130mという滝つぼが圧巻です。今は近寄れないようになっていて、それが残念!日本の滝100選にも選ばれた美しい滝です。この滝を見下ろす場所が東屋になっていて、ゆっくり休憩できます。遊覧船のお迎えまでは2時間。私は普通より長い2時間半でお願いしておいたのでかなりゆっくりでOK。

そしてさらに15分ほど歩いて到着したのがここ、カンピレーの滝。バーンと視界が広け、幅50m、長さ200mというなだらかで大きな流れが大迫力です☆

カンピレーの滝

カンピレーとは「神々の坐するところ」という意味なんだそうです。西表の神様たちの談合の場所であったとか。霊感の無い私が言うのもなんですが、今日は神様はお留守の様子でした。甌穴が無数にあり、今日はまだ水流が少なく穏やかなことを思わせます。甌穴(ポットホールとも言われる河岸の岩場に開いた穴)の中にはおたまじゃくしがいっぱいいましたよ☆

わずかしかない日陰を見つけて、無理やりな姿勢で休んでいると、マスコミの人を案内していた人が来てハブがいそうな場所だと・・ヒィイイイ。獣も蛇もいないNZとは違うのでした!(汗)

ここが終点で、また同じ道を戻ります。休み休みで往復2時間半。たっぷり森を楽しみました。出発地点に着いてまだ1時過ぎ。今日はちょっと欲張って、もう一箇所、船でしか行けない陸の孤島、船浮という場所に行くことにしました。以下つづく。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 日本とNZ行ったり来たり. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。