ゆっくりできるほぐしサロン、やってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
One foot island上陸
アイツタキで唯一予約していたのがこの日のラグーンクルーズ。アイツタキ島は環礁に浮かぶ小島。その環礁の中の別の無人島を船で訪ねるツアーです。朝、ヴィラでピックアップしてもらい、すぐ近くの船着場へ。

船

この船で出発です☆船内は熟年カップルを中心に、10組くらい。スコットランド、AUS、NZ、ラロトンガなどから参加。アジア人は私たちだけ。ちなみに、ここまでアジア人に会ったのは、ラロトンガのムリビーチで見かけた日本人カップル一組のみ。彼らも日本人に会うのは初めて!と言ってました。日本人のいない南国リゾートを満喫したかったのなら、声をかけたのは悪かったかな~。

船から海

昨晩雨が降っていたようだし、若干ミルキーな気がする海。透明度がちょっと心配です。

コニー

甲板で一人遊びをしていたクックアイランドマオリのコニー。大人の中に一人いて、物怖じせずに話しかけてきます。ビーチが待ちきれない様子で「私泳げるのよ!」と激しく主張。リュックから宝物のヤドカリを出して見せてくれました。ラロトンガからお父さんと旅行だって。石垣島から波照間島に行くようなもんでしょうか。

珊瑚の島

ラグーン内には、写真のように珊瑚のかけらや砂が集まって陸になっているところがあります。クリックして拡大するとうっすら見えるけど、こんな逃げ場の無いところに日光浴用の寝っころがる椅子が置いてあります。。どんだけ太陽が好きなんでしょうか、白人のリゾート客は。

途中、シュノーケリングスポットで少々泳ぐも、流れが速すぎて全く泳げません。怖いよー流されちゃうよー。フィンで必死に泳いでも流れに逆らうのがやっと。巨大な魚がうろうろとして離れなかったので、船に繋いだブイに掴まってしばし鑑賞。上からは穏やかに見えててもこんな風になるんだ・・のんびり潜るどころではありませんでした。こんなに広い珊瑚礁、他にも良い場所ありそうなもんなんだけど。船長、もうちょっとポイント選んでくれ~。

しかも、海からあがるとやっぱり寒い!アイツタキが常夏って言っても、夏の沖縄とはぜんぜん違います。慌てて支給されてるレンタルタオルで拭き拭き。そして乾いた服にお着替え。他のツアー客は水着にパレオ程度で涼しい顔・・っていうか、あったかい顔?なんなんだ、この感覚の違いはぁ~~。

船から

そして、メインイベントのワンフットアイランドに上陸です。

浅瀬のコニー

これからランチなんだけど・・かまわず、コニーが一番乗りで泳いで?ました。

ランチ

ワンフットアイランドは一周数分の小さな小さな島。宿泊も出来るらしいけど、無人島。クルーズ船が着くとバーや食堂がオープンします。

ツナステーキ

このクルーズはランチつき。フルーツ、サラダ、パンとツナのステーキ。+私は昨日つくった梅干おにぎりを(笑)。マグロステーキのパウパウソース(パパイヤの甘酸っぱいソースが美味しかったな。

小屋から海

一軒の小屋?と東屋があるだけ。あ、ちょっと離れたところにトイレもありました。

バー

バーとお土産物屋さんと、郵便局もあります。でも、一人しかいないので左のポストオフィスの窓口は閉まったままでした(笑)。マグロステーキを焼いていたお兄ちゃんが郵便局員、カフェ店員でもあります。ここの一番の名物はコレ!

パスポート

パスポートにスタンプを押してくれます♪勢い余って、8月1日の間違った日付で押されてしまい、言ったら9月1日のを押しなおしてくれました(汗)。パスポートは落書きすると入国拒否にあう場合もあるらしいけど・・コレはアリなのか?とりあえず、NZ入国は大丈夫でした♪(笑

横の海

食後、まだ寒かったので長袖のウインドブレーカーを着込んで島内を散歩。

やし

やしの実って、落ちた場所でこうして発芽してるのをよく見かけます。このまま持ち運びの出来るインテリア植木として扱われていることも。いいな~欲しい。

やどかり

でっかいヤドカリを発見!コニーにあげたら、「お父さん」と呼んでました。種類は違う別の小さいのが子供で、ちょっと大きめのがお母さんなんだって。1センチ足らずの消しゴムのカスみたいな細長いヤドカリもたくさん見つけて、ベイビーベイビーと大騒ぎしてリュックに入れてました。リュックの中の阿鼻叫喚な様子を想像すると怖いです。。

裏の海

どこから見てもきれいな海・・。でもまだちょっと寒い。泳ぎたいなぁ。うーん、もうちょっとビカーー!と晴れてくんないかなぁ。

別の船

これは別のグルーズ船。船の中でランチしたり生バンドがいたりと、こっちもなかなか面白そう。しかし、太陽が隠れるととたんに寒々しい雰囲気に・・。そんな中、ぜんぜん寒がらずに泳ぎ続けるアイランダー達。元気やな~~。私は駄目。もっと暖かい中じゃないと風邪引いちゃうよ。。

と、時を待っていたら、きました!太陽!

海岸線

太陽がカッと照って、急に長袖じゃ暑い!って感じに。これはイケるわ!と即行で水着に着替えて、この写真の辺りの海へ!ここの水は、とにかく青くて青くて。クックの他の場所ではエメラルドかクリームソーダみたいな色が多かったけど、ここだけは青いのです。何が違うんでしょうか、不思議~。

写真の奥から手前に潮の流れがあって、流されながら魚ウォッチング。楽しーい♪ナマコはいるけど、慣れたのかワンフットには少なめなのか、もはやほとんど気になりませんでした(笑)。

最後に晴れてくれたので、思い残すところなくOne Foot Islandを堪能することが出来ました。アイツタキ本島に戻るときにはポツポツと雨が・・。間に合ってよかった~。船ではコニーとヤドカリや海の話をしながら、ゆっくりまったり帰ったのでした。コニーは他の熟年夫婦にも「ヤドカリ見たい?」と無理やり見せてました。オモロイ子です。

コニー

最初の船着場まで戻ってきて別れるとき、コニーは何度も何度も「ミチーーー!ミチーーーー!ばいばいーー!」と大絶叫。ピカピカに光り輝く太陽のような子でした。別れるのは私もちょっと寂しかったよ。

ヴィラの周りを散歩するくらいで夕方は何もせず、8時くらいに床につく有様です。コニーとどっちが早かったかしらね(笑)。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

なんですかぁー!
パスポートの入国スタンプめっちゃかわいい!!!
これを押してもらうがために行っても良いくらいかも!

リュックにヤドカリ。お国柄というものなのか、
ウチは小さいときに、、、
リュックに(カブトムシの)幼虫を入れて帰って
おかんに怒られたことがあります
当時は掘り起こして触れたんですけどねぇ
今は到底無理な話です
Noriko | URL | 2007/09/10/Mon 21:31 [EDIT]
◎Norikoちゃん

いいでしょ。ワンフットっていうか、ツーフッツになっちゃったけど(笑
8月1日はNZにいるはずなので、他の出入国スタンプとの辻褄が合わなくなってしまうねんけど、大丈夫なんやろか。っていうか、なんの権利があって、パスポートに押してあげる!と言えちゃうのかよく分からないんやけど・・(マチュピチュなど、世界中に何箇所かそういうところがあるらしいです)。

コニーがヤドカリを入れていたのはリュックのポケットやったわ。
ふたの隙間からヤドカリが脱出成功させていることを祈るよ(笑
michiko | URL | 2007/09/11/Tue 20:02 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 日本とNZ行ったり来たり. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。