ゆっくりできるほぐしサロン、やってます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
セッション in アイツタキ
続きです。トリートメントの依頼は宿泊していたアイツタキ島のヴィラのオーナー婦人MARIAからのものでした。彼女はマッサージが大好きらしく、バーでの雑談中職業を言ったとたんにお願いしたいわ!あなたは絶対にすごい才能があると思うって。え?そうなんですか?こここ、根拠は?根拠は、そう感じるから、だって。へ~・・。

でも、この時点で実は私もMARIAに施術を気にいってもらえる自信がありました。自分の実力うんぬんではなくて、私の施術スタイルと彼女の相性というか。根拠は?と問われると、そう感じるとしかいいようがないですが(笑)。ちょっとだけ背中を触らせてもらって、いくつか喜んでもらえそうなポイントを見つけたら、彼女も私ももううずうずです。早く揉ませて~~。

お互いのスケジュールを擦り合わせて三日後の昼間に決まりました。この時私はしばらく仕事しないと思って少し爪を伸ばしてカルジェルしてました(カルジェルについては後日詳しく書こうと思います)。でも、思わぬチャンスに爪に未練なんかぜーんぜんありません。前夜に、持ち歩いているやすりでぎりぎりまで削って準備万端、やる気満々で挑みましたよ~。

場所は同じ敷地にあるオーナーズハウスです。マッサージテーブルは専用のものはもちろんありません。そこでMARIAが提案したのはダイニングテーブル+厚み5cmのスポンジマットレス。敷いてみると高さ硬さがなかなかいい感じ。テーブル幅があるので施術者にはちょっときついけど、逆に、上に乗っかっちゃうスペースも充分。長さもちょうどマッサージテーブル並みです。これはいい(^^)!

窓からは木々が見え、潮風がさらさらと入り、枝葉の間をすり抜けた光が穏やかに照らす、暑くも寒くも無い完璧な環境です。それに、完璧なテーブル!

私の施術を見守ってくださっているのは、ムー系のハイスピリットで、彼はクックにも多い「ノニ」という植物に縁の深い存在です。ハワイやNZやここクックアイランドというポリネシアに縁をいただいているのもその存在のおかげだと感じているので、この日のチャントにはひと際熱がこもりました。この巡り合いと機会に感謝感謝です。

英語でマナワークを説明するのはいつも苦労するのですが、MARIAには全部フィーリングで伝わったみたいです。体に触れずにフィジカルな施術をするというのは、言葉が通じても受け入れ難いと感じる人もいると思うんですが。

セッションの内容は素晴らしいものでした。MARIAの体がすっかりリラックスして私に対して開かれていたので、呼吸を合わせたりハートチャクラを繋いだりすることも難なく。どうも私はマオリと相性がいいような気がします。というか、マオリのフィーリングは日本人に近いものがあると言った方がいいかも知れません。

セッション後、MARIAはありとあらゆる賛辞を浴びせてくれました。私の施術代は宿代、食事代とエクスチェンジということになりましたが、アイツタキの相場の倍以上です。それでもオークランドまで通いたい、と言ってもらえたのは嬉しかったですね☆

マリアと

こんな風に偶然の出会いから急遽セッションに至ることはたまにあります。私はインスピレーションも鈍いのでクライアントさんのピピピ!というお告げ(?)任せなんですが、セールスしなくても商談成立しちゃうのはありがたいです。今回は特に、前出のハイスピリットさんのおかげさまです☆ありがとうございます。

本当にいい経験をしました。クックという素晴らしい場所でたくさん受け取ったマナをたっぷりお返しすることが出来ました。キラキラとしたマナを更にたくさん受け取りました。。日本の皆さんにもお届け出来ればと思います☆
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 日本とNZ行ったり来たり. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。